M性感風俗とは何をする場所なのか?

M性感風俗とは何をする場所なのか?

つくづく世の中には色々なタイプな風俗があると思いますよね。その中でも一度体験してほしいのがM性感です。ハマったら病みつきになるでしょう。そんなM性感は、都内の五反田に密集しています。そもそもいわゆる「M性感」とは、一体全体何なのでしょうか?まだ経験がない方に向けて、分かりやすく解説したいと思います。M性感の基本は受け身の風俗です。相手の女王様に時間いっぱい責めてもらうことになります。その際、一般的な風俗では使わないアイテムが登場するでしょう。ムチ・目隠し・手錠…といったM男用のアイテム。さらには、アナルパール・アナルバイブといった前立腺を刺激するアイテム。これらを巧みに利用して、何の自由もきかない状態で一方的に責められるというシステムです。

料金とは

料金に関しては、通常の風俗料金よりも高額に設定されています。60分コースで2万円くらいが相場でしょうか。店舗によっては、それ以上の場合もあります。その理由は、もちろんプレイの満足度が高いこともありますが、嬢のスキルが求められるからでしょう。また、オプションやコースによって料金は大きく異なります。お店によっては過激プレイも可能。初心者には少しハードルが高いかもしれませんが、慣れていくうちにそいったマニアックでハードなプレイも一度は経験したいものですよね。特に前立腺責めは、素人には難しく、技術を身につけるまで長い年月がかかるでしょう。
経験の浅い嬢に責められても、くすぐったいだけで気持ちよくはありません。風俗の定説として、嬢は若い子の方が良いとされますが、M性感においては例外です。若さや見た目よりもテクニックの方が重要とされていますが五反田には、卓越したテクニックの持ち主がいます。それが、五反田がM性感の聖地と呼ばれる所以でしょう。

在籍嬢は

一般的には、在籍嬢のルックスは悪いと言われています。その理由は、サービスが過激で、テクニックを要されるためではないでしょうか。若くて可愛い子はルックスだけでチヤホヤされるため、サービスやテクニック向上の意識が低いのでしょう。そこは承知のうえで利用する必要があります。私は数多くの地域で、M性感を利用しましたが、やはり五反田ほどのポテンシャルは感じられなかったです。まずテクニック、特に前立腺の責めが秀逸。また、男責めのジャンルも豊富です。コスチュームやオプションが充実しており、それぞれのフェチに合ったプレイが可能。このように、一口にM性感と言っても非常に奥の深いものなのです。