風俗街「西川口」の秘密

西川口の風俗をの特徴

JR京浜東北線の沿線上に存在する西川口はかつて埼玉県の中でも随一の風俗街として栄華を極めた街でした。土日祝や街が暗くなった時間になると埼玉県内や京浜東北線沿線など各地から男性が集まり、西川口の風俗に在籍する女の子たちとの濃厚プレイを楽しんだのです。その中には定期的に何らかの風俗店を利用する風俗ユーザーもいれば、「怖いもの見たさ」で足を踏み入れるような初心者もいました。ただその多くは当時の西川口で行われていた濃厚なプレイを、学生でも定期的に通えるリーズナブルな価格帯で利用できるため多くの男性がリピーターとなったのです。そのように風俗街として人気を博していた西川口ですが、「ガサ入れ」の際に当時中心だった店舗型風俗店などがほとんど営業停止になりました。そのため西川口の風俗は一度完全に死んでしまったのです。しかし最近では風俗店も少しずつ復活し、当時に比べるとまだまだではあるものの埼玉県内でも風俗が盛んな街のひとつに数えられるようになりました。ここではそんな西川口と風俗の関係について書いていこうと思います。

駅前に風俗ビルが多数存在する

西川口駅を降りてバスのロータリーを右に曲がると、ビルが建ち並ぶエリアがあるといいます。これは元々全盛期の西川口においてピンサロやメンズエステなどの店舗が利用していた風俗ビルです。ガサ入れ後は使われなくなり当時の状況のままというものもあれば、現在は風俗・水商売関連などで利用されているところもあります。このようなビルたちは西川口と風俗において深い関係を示すもののひとつです。今後時代の移り変わりによって様々な変化を遂げると思われますが、西川口の風俗が栄華を極めたときの記憶がこのビルたちには残っています。

アジアン系風俗店が多い

西川口の風俗には中国・韓国などのアジア系女性の在籍率が高いお店も少なくありません。これは西川口に近い埼玉県やJRを使える沿線上に、彼女たちのような女性が生活している街が多いということも大きく影響しています。1プレイの料金は少なくても多くの男性客が集まる西川口の風俗は、彼女たちにとって稼げるところでもあるのです。それだけにアジアン系風俗店が多いことも西川口風俗における特徴と言えるかもしれません。

店舗型よりも移動型が盛ん

西川口の風俗は元々店舗型のピンサロ・ヘルス・エステなどが盛んな地域であったため、その名残か現在も店舗型も多く存在しています。しかし最近では厳しい規制を避けるために移動型が盛んという現状もあるようです。