川口の風俗を利用する前の食事はコレ!

川口の風俗を利用する前の食事はコレ!

1日に2軒以上の川口のデリヘルを利用することは珍しくありません。問題は、その間にどのような食事をとるのかということです。デリヘル嬢を2人相手にするということは、その間に少しでも精力を回復しておかないといけません。食べ過ぎると2回目のパフォーマンスに影響するので、腹6分目くらいで抑えるのがいいでしょう。食べるものはもちろん肉です。ステーキのような肉をしっかり食べておくことが大切です。川口なのでラーメンや名産のさつまいも料理を食しそうになりますが、ここは肉を食べて精力回復に努めます。本当に精力が回復したかは実際に風俗店などに行って確かめるのがいいでしょう。よいパフォーマンスができるのなら、その後のデリヘル2軒目も問題ないといえます。そしてその日の全ての風俗に行き終えたあとは、焼き肉を食べるのがいいです。特に冷麺はスタミナの回復に最適です。そこですぐに精力が回復したのであれば、もう1軒デリヘルをはしごするのもいいでしょう。これが川口デリヘルの正しい楽しみ方だといえます。

デリヘル前の食事に気をつける

現在、川口デリヘル嬢は「うどん派」と「ラーメン派」に真っ二つに分かれて対立しています。デリヘル嬢といえば性の肉体労働者であり、しっかりと食事を摂らないと男性を満足させられません。そのためついボリュームがあるものを食べてしまいがちですが、太ったら太ったで指名が減ってしまうので、「ぽっちゃりデリヘルに行けばいい」などとはいわないで、体格の維持にも気を遣っているわけです。そのデリヘル嬢たちが、仕事前後でどちらの麺を食べるのかで争っています。伝統的なうどん派とプライド重視のラーメン派といえるでしょう。やはりうどんは手軽に食べられて体への負担も少ない、川口のデリヘル嬢にもってこいの食べ物だという意見があるわけです。一方でラーメン派は「実用性よりも楽しみ派」とも言い換えられます。隠れた名物店が多い川口でラーメンを避ける事はできないという考えです。ラーメンを食べるとにんにくや他の調味料の匂いが口についてしまいますが、そうであっても川口で働くのであればラーメンを食べたい、という頑固一徹な考えでもあります。このように風俗嬢にも食に関するこだわりがあるのです。とはいえうどんやラーメンなど様々なものを食べられる街であるため、川口デリヘルに在籍している女の子は自分に合ったものを食べるのが良いでしょう。